ハロウィンの仮装【猫編】簡単で安上がりな手作り衣装の作り方!

   

 

ハロウィンの仮装と言えば黒猫が人気ですよね。

猫の衣装であれば誰にでも簡単に手作りすることができます。

黒猫の耳とシッポさえ作ってしまえば

本格的な猫の仮装をハロウィンで楽しむことができますよ

 

そこで、今回はハロウィンの仮装で

猫の衣装を手作りする方法をご紹介します

 

SPONSORED LINK

ハロウィンの仮装で猫の衣装を手作りして楽しもう!

 

今は100均で材料が充実しているので、

お金をかけずにハロウィンの仮装を手作りすることができます。

特に、ハロウィンの仮装が初心者であれば

猫のように定番の物から始めて楽しむのがおすすめです

 

ここからは猫の衣装を手作りする方法をご紹介していきますので、

ぜひ参考にしてみてください

 

ハロウィンの仮装で猫のシッポを手作りしてみよう!

 

image001

出典:http://kiitosnote.com/cdtail.html

 

<準備するもの>

ニーハイソックス

リボン

ワイヤー

綿

ベルトループ用のテープ

 

<作り方>

1.ニーハイソックスはかかとよりも上の筒状の部分を使いますので不要な所をカットしておきます。

そして、ニーハイソックスのゴムの部分には

下から2.5cmくらいのところにベルトループを縫い付けてください。

image002

2.ニーハイソックスを裏返して、

お好みの太さになるように調整していきます。

ゴムの下から先まで太さを調整しながら塗ってください。

 

3.ニーハイソックスの先端は1cm程度残して

写真のように引っ張りながら先端がほどけないように糸の始末をします。

image003

4.ワイヤーをニーハイソックスの長さに合わせてカットしてください。

ワイヤーは先端が飛び出ないようにするため、先はねじっておきます。

image004

5.綿をワイヤーの周りに巻き付けていきます。

ニーハイソックスよりも少し太めに作ると形をきれいに見せることができます。

image005

6.ニーハイソックスの中にワイヤーを入れて

中身がほどけないようにしぼって糸の始末をしてください。

image006

7.飾りつけとしてリボンを2箇所結び付けたらシッポの完成です。

image007

 

いかがでしたか?

とても可愛らしい猫の尻尾を簡単に手作りすることができましたね

 

ニーハイソックスも100均で販売していますので、

ぜひ材料を購入してみてください。

これで、本格的な猫の仮装をハロウィンで楽しむことができますね

 

ハロウィンの仮装で猫の耳を手作りしてみよう!

 

image008

出典:http://handmade.xsrv.jp/howto/category03/recipe_304/

 

<準備するもの>

カチューシャ

黒のフェルト

黒の折り紙

耳用の布

両面テープ

 

<作り方>

1.15cm角の黒の折り紙を準備して下から3cmの部分をカットします。

そして、大きい方の折り紙を使っていきます。

image009

2.折り紙を半分に折ってください。

フェルトを使う場合は2つ折りしなくても大丈夫です。

image010

3.両端を折って写真のように三角の折り目を付けます。

image011

4.中央に向かって横半分に折り目を付けてください。

image012

5.上の台形は折り目に添って山折を直し、

上の角の中心線は結ぶ線を谷折りにしてください。

image013

6.直三角形を貼り合わせて耳の模様を作ります。

image014

7.中央部分の台形に向かって半分に折るようにして貼り合わせます。

糊付けをしたら耳のパーツが完成しました。

image015

8.カチューシャを準備します。

image016

9.カチューシャの土台だけを使うので他の不要なものは分解して外してください。

image017

10.カチューシャに両面テープを貼り付け、

端は内側まで貼り付け黒のフェルトを貼り付けます。

image018

11.耳のパーツに両面テープを貼り付けてカチューシャに貼ったら完成です。

image019

 

いかがでしたか?

猫の耳を簡単に手釣りすることができましたね

 

折り紙でもこんなに可愛い猫の耳が手作りできるのは嬉しいですね。

後は黒っぽい洋服に小物の耳とシッポを付けたら猫の仮装の完成です。

ぜひ、チャレンジしてみてください

 

ハロウィンの仮装で猫の耳付き衣装を手作りしてみよう!

 

image020

出典:https://nanapi.com/ja/53967

 

<準備するもの>

黒のフード付きパーカー

黒の布

ピンクフェルト

はさみ

 

<作り方>

1.黒の布を半分に折って、写真のように1cm外側をカットしてください。

これを2つ作ってください。

image021

2.ピンクフェルトを先程よりも一回り小さく三角形にカットして

耳の内側になる部分に縫い付けます。

そして、黒の布を中表に合わせて周りを縫っていき返し口を残しておきます。

image022

3.返し口の部分から表に生地をひっくり返して口を閉じてください。

できたらフードに耳を縫い付けてください。

この際、真ん中に少し折り曲げて縫い付けると猫っぽい仕上がりになります。

image023

4.猫のシッポは靴下の作り方を参考にしつつ、

ワイヤーを入れないで作ると写真のようになります。

image024

 

いかがでしたか?

猫の耳はカチューシャが定番ですが、

フードに縫い付けて着る方法もありですよね

 

これならカチューシャで耳が痛くなる心配もありません。

ぜひ、ハロウィンの仮装に向けて猫の衣装を手作りしてみてください

 

ハロウィンのおすすめ仮装の作り方をもっと見るならこちら!

↓↓↓

 

まとめ

 

ハロウィンの仮装で猫の衣装はとても簡単に手作りできるものばかりでしたね。

基本的に、黒の洋服に耳とシッポを取り付けるだけです

 

なので、

ハロウィン初心者もぜひ今年は猫に挑戦してみて

仮装を楽しんでみてくださいね

 

スポンサーリンク
 

LINEで送る
Pocket

関連記事

100均の材料で簡単にできる!注目度100%の手作りハロウィン飾りアイディア集part5

今年のハロウィン飾りはもう何を手作りするか決まりましたか? なかなかアイディアが出てこないとい

記事を読む

20

折り紙 ハロウィンのかぼちゃ

  10月31日はハロウィンの日です♥ かぼちゃをくりぬいてジャック・オー・ランタンを

記事を読む

2

【2018ハロウィン飾り】簡単に手作りできるガーランド!

ハロウィンが近くなるとお部屋のインテリアにこだわったり、 ホームパーティー用に飾り付けをしたり

記事を読む

1

落ち葉を拾って秋冬は幼児とおうちで工作を楽しんでみよう!part3

寒い季節になってきたら子供と一緒に工作を楽しむのがおすすめです。 秋本番となれば落ち葉がたくさ

記事を読む

1

【100均ハンドメイド】ハロウィンリースを手作りしてお部屋のインテリアに!part5

100均のアイテムでハロウィンリースをハンドメイドしてみませんか? 誰でも簡単に手作りすること

記事を読む

1

【定番】ハロウィンのメッセージカードにおすすめの例文をご紹介!

  日本でもハロウィンのイベントが定着してきました。 仮装やパーティーを楽しむ

記事を読む

1

大人でも落ち葉アートが楽しめる!おすすめアイディアを一挙公開part1

落ち葉アートは大人でも楽しめるおすすめアイディアがたくさんあります。 子供と一緒に楽しむイメー

記事を読む

1

【友達編】ハロウィンのメッセージカードにおすすめの例文をご紹介!

10月31日はハロウィン! 仮装を楽しんだりすることが多いですが、 イベントをしっかりと

記事を読む

4

【2018ハロウィン飾り】簡単に手作りできるハロウィンリース!

ハロウィンの雰囲気を楽しみたいのでお部屋に色々な飾りつけをする人も多いですよね。 初心者でも簡

記事を読む

ハロウィンにぴったりのお菓子入れを100均の材料で手作り!他と差を付ける作り方は?

ハロウィンの季節は手作りが楽しい時期です。 仮装もそうですが、子供たちのお菓子入れを手作りするのも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1
雨が多くなる6月は子供と一緒にあじさい工作をして楽しもう!

6月は梅雨に向けてだんだん雨の時間が増えます。 子供と一緒に外で

1
6月おすすめ工作はあじさい!簡単で子供と一緒に楽しめるおすすめアイデアはこれpart5

6月という季節をおうちの中で楽しむなら、 あじさい工作がおすすめ

1
6月おすすめ工作はあじさい!簡単で子供と一緒に楽しめるおすすめアイデアはこれpart4

6月は梅雨の季節。 そして、あじさいもきれいな季節に入ります。

1
6月おすすめ工作はあじさい!簡単で子供と一緒に楽しめるおすすめアイデアはこれpart3

6月に入り雨の日が続くと子供とも外に出かけるのが難しくなります。

1
6月おすすめ工作はあじさい!簡単で子供と一緒に楽しめるおすすめアイデアはこれpart2

小さな子は工作が大好き! 6月に入ると雨の日も増えるため、

→もっと見る

PAGE TOP ↑